軽速山歩

登山者が実践するファスト・パッキングスタイルへの道

HOKA ONE ONE(ホカオネオネ)CLIFTON6 (クリフトン6)

f:id:ksg2999:20200520111455j:image

【レビュー】今使っているクリフトン5の累積走行距離が870kmを越えてしまっているため、予備でクリフトン6を購入。 

 

f:id:ksg2999:20200520111522j:image
f:id:ksg2999:20200520111517j:image
f:id:ksg2999:20200520111525j:image

前作クリフトン5はゼビオで型落ちで購入し、このクリフトン6もヨドバシドットコムのクリアランスセールで購入。

 

まだ履いて走っていないが、見た目で気づいた違うところなど。

 

f:id:ksg2999:20200520111721j:image

左が6、右が5。サイズは26.5センチ。僕の足の実測値は約25センチ。26センチが適正サイズだと思うが、足幅がやや狭く感じたため、半サイズ上げている。足を入れた感じと見た目からしてラスト(足型)に変更は無い感じ。同じサイズ感で履ける。ちなみに6はワイドモデルもある。


f:id:ksg2999:20200520111727j:image

f:id:ksg2999:20200520111737j:image

上が5、下が6。アッパーメッシュは似たような感じでつま先の補強も形状が違うだけ。異なるのはサイドのステッチの有無。おそらくフィット感を向上を狙っている。


f:id:ksg2999:20200520111808j:image
f:id:ksg2999:20200520111801j:image

横から。ミッドソールが厚くなっているように見えるが、全体としての厚みはほぼ変わらない。白い部分と黒い部分の比率が変わっている。ここに差があるのかは不明。


f:id:ksg2999:20200520111746j:image
f:id:ksg2999:20200520111805j:image
f:id:ksg2999:20200520111732j:image

アウトソールの印象は結構違う。ミッドフット部が強化された感じ。全体的にソールの彫りも深く、ややトレランシューズ地味ている。トレイル対応も考慮している?


f:id:ksg2999:20200520111752j:image
f:id:ksg2999:20200520111741j:image

触っていて違うなと感じたのは、ヒールカウンターの大きさ。かかとを触ると前作のクリフトン5は写真のように上の方まで大きなカップの芯が入っていることがわかるが、クリフトン6は親指一つ分下がったところまでしかヒールカウンターの芯が入っていない。これは走るとかかとのフィット感に違いが出るかもしれない。

 

足入れしただけだと、今のクリフトン5と比べてクッション性は大きな差が無いように感じた。まだまだいけるな、クリフトン5。文字通り履き潰れて穴が開くまでは現役続行させよう。6は予備で控えておいてもらおう。