軽速山歩

登山者が実践するファスト・パッキングスタイルへの道

MENU

【DECATHLON】RUNNING FLASH LIGHT 9g【レビュー】

暗い時間帯に安全に走るための背面用の赤色灯。いつもの格安スポーツ用品メーカー、デカトロンにて理想的なギアを発見。

 

f:id:ksg2999:20210304114930j:image

僕は朝ラン派なので夜ランはやらないのだけど、冬は日の出が遅いので早朝の闇は夜の闇に等しい。そんなとき、前方の照明はヘッドライトを使用するが、後方からの車等に備えて赤いライトも必要になる。

 

f:id:ksg2999:20210304212808j:image

以前は100円ショップで購入した自転車用の赤い小型ライトをヒップバッグに入れてメッシュ生地越しで点灯させていたが、使い勝手や視認性はイマイチだ。自転車用よりもシンプルで簡単にクリップオンできるものは、ありそうでない。


f:id:ksg2999:20210304114913j:image

困った時のデカトロンを覗いてみると、やはり痒いところに手が届くギアがある。しかも490円という爆安価格。

 

この薄くてシンプルなフラッシュライトは背面のクリップでウェアの裾やウエストベルトなどに簡単に装着できる。


f:id:ksg2999:20210304114926j:image

サイズは500円玉より一回り大きいくらい。重量はボタン電池込みでわずか9gで全く存在を感じさせない。防水等級はIPX4で、雨天までは対応、浸水は不可。

 

夜間の走行があるトレイルレース用や、緊急用に忍ばせておくのも良いかもしれない。

 

自転車用ライトで有名なキャットアイにも同じような製品があるが、重さは12g。

 

f:id:ksg2999:20210304114921j:image

僕はこのようにパーゴワークスのラッシュヒップに取り付けている。薄い生地にも結構噛むので、一度つければ引っ張ってもなかなか取れない。Tシャツにもつけられるだろう。

 

f:id:ksg2999:20210304114917j:image

操作もシンプルで表面をワンプッシュで点灯、もう一度押すと点滅となり、もう一度押せば消灯。バッテリーは点灯で9時間、点滅で22時間保つそうだ。


f:id:ksg2999:20210304114908j:image

と、いい感じのランニングギアだが、最近は日の出時刻も早くなってきて、早朝ランではもはや不必要になりつつある。買ったばかりで使いたいが故に、早起きが捗るかもしれない(笑)。

 

おわり。