軽速山歩

登山者が実践するファスト・パッキングスタイルへの道

WORKMAN ブロックフリーストレッキングクルーネック【レビュー】

f:id:ksg2999:20201014122008j:image

僕はワークマンアンバサダーもやってるが、このブログはアンバサダーとして表に出てるブログじゃないということ、この製品は見本提供を受けたものではなく、自腹で自主的に買った製品であることをまず初めに断っておく。

 

近頃のワークマンといえば激安でアウトドアで使える製品を多数生み出しているアウトドア業界のダークホースである。そのワークマンからとんでもないフリースが発売された。それがこのブロックフリーストレッキングクルーネック。ジップネックもある。

 

このウェアの特徴を端的に言うとジェネリック版ポーラテック・パワーグリッドである。

 

パワーグリッドとはフリース生地の世界的メーカーであるポーラテック社の独自素材。保温性、通気性、吸湿拡散を兼ね備えた理想的なアウトドアファブリック。アウトドアウェアメーカー各社御用達の素材だ。

 

このポーラテック・パワーグリッドを採用したフリースは大体各社15,000円〜20,000円ほどの市場価格となっている。

 

ところがその名門素材にそっくりでありながら、ワークマンはなんと980円(税込)というのだから驚愕に値する。

 

f:id:ksg2999:20201014122029j:image

こちらがポーラテック・パワーグリッドの生地。P社のもの。

 

f:id:ksg2999:20201014122049j:image

そしてこちらがワークマン。

 

おそらく、見慣れていないと見分けがつかないだろう。ワークマンのほうがやや毛足が短い。見た目の違いはそれだけだ。生地もよく伸びる。

 

 

f:id:ksg2999:20201014123030j:image

175cmでLサイズ着用。もちろん、耐久性や防臭性は未知数。使い込まないとわからないが、ここまで見た目が同じならおおよそ同じような機能は有しているだろう。

 

f:id:ksg2999:20201014123116j:image

しかもサムホール付き。

 

そして、値段が約15分の1…。980円(税込)である。

 

これくらい安いと、もはや耐久性や防臭性はともかくとして、とりあえず買ってみても損は無い値段。

 

毛足が短い分、運動に向いていると思うし、肌着として着れそう。

 

今の時期(10月)に着るのは少し早いが、もっと寒くなったらジョギングで是非使用してみたい。