軽速山歩

登山者が実践するファスト・パッキングスタイルへの道

エッセイ・思索

ファストパッキングや登山について、思うところを書いていく。

インターバルトレーニングとVO2maxについて

『ランニング・サイエンス』(ジョン・ブルーワー他、2017)によると、人は最大酸素摂取量、つまりVO2maxの値が高ければ高いほど長く速く走れる。筋肉に酸素を送れない無酸素代謝と呼ばれるプロセスが疲労をもたらす。したがってVO2maxが高い方が筋肉に供給…

山に行っていない問題

ブログタイトルをしれっと、fast mountaineering などと変えたはいいが、山に行っていない。 6月下旬にかろうじて登ったが、それ以降は一切山に行ってないし、行く予定もない。 今年はスカイライントレイル菅平でトレランデビューをしようと思っていたが、そ…

動きはファスト、心はスロー(ファストパッキングのメリット)

誰しも山で速く歩けるようになりたいという気持ちはあるのではないだろうか。

「日帰り登山」についての考え。

ネットで記録やSNSを見ているとたまに「日帰り」にこだわる人がいる。

僕がファストパッキングを始めた理由

僕の登山形態がなぜファストパッキングに近づいていったのか?答えはシンプルでそれは生活環境の変化だった。

ファストパッキングの定義−ファストマウンテニアリング的思考−

「ファストパッキング」という言葉、実は僕は使い慣れていない。僕が近年目指そうとしている登山にあえて既存の名前を使うのならば「ファストパッキング」だと思うが、気持ち的にややしっくりこない。そこで作った造語が「ファストマウンテニアリング」だ。

ブログスタート

ブログスタートと言っても、実は僕にとってこれは二つ目のブログである。なぜ二個目を作ってしまったのか?